スーパーマーケット/ドラッグストアの活用事例

電子棚札 売価変更
コンテンツ配信 情報配信、一括管理
サイネージ 情報収集
行動分析 マーケティング分析
クラウドPOS 売上、在庫管理
EC・WEBサイト レコメンド、棚札連携購入

電子棚札=ESL(Electronic shelf labels)は無線通信を通じて、価格や商品情報などをリアルタイムで変更・表示できる小型ディスプレイにより、省力化を実現し、サイネージで情報を発信すると共に顧客の行動データを収集します。収集したデータを元に最適な商品情報や位置の検討をいたします。コンテンツ配信を一括で管理することで省力化やタッチ操作で収取した情報をマーケティング戦略に反映をさせていくことができます。

IoTツールのご紹介

電子棚札

電子棚札=ESL(Electronic shelf labels)は無線通信を通じて、価格や商品情報などをリアルタイムで変更・表示できる小型ディスプレイです。

コンテンツ配信

コンテンツ配信を一括で管理することで省力化やタッチ操作で収取した情報をマーケティング戦略に反映をさせていくことができます。店舗内マップを表示させることで迷わずにご利用をいただけます。

サイネージ

動画を活用できるため“人に伝える”訴求力が増して、宣伝の効果を更に上げる事ができます。遠隔での映像配信も可能です。冷蔵型にすることで、インパクトある商品の訴求ができます。

行動分析

顧客の行動情報や商品、サービスへの接触などの、直近の行動データによるより正確な予測をベースに戦略的な活用をすることができます。

クラウドPOS

クラウドPOSに切り替えことで、導入費用を抑えることができます。

EC・WEBサイト

ECサイトと電子棚札を連携させることで、携帯電話で決済したり、商品情報、レコメンド商品などをお客様にみせることができます。商品をあとで購入できるようにすることができます。