宿泊・観光施設の活用事例

電子棚札 多言語対応
コンテンツ配信 情報発信、地図情報
サイネージ 情報収集、リモートガイド
行動分析 マーケティング分析
3Dアバター デジタル接客、多言語対応

駅や空港構内の案内板をデジタル化することに加え、電車やバスなど の運行情報をリアルタイムで配信したり、災害時の緊急情報を配信す ることで災害時の避難誘導にも活用できます。もちろん、これらの情 報は全て多言語で発信が可能。近年急増しているインバウンド需要に も対応できます。大幅に増加しているインバウンド需要にも様々な対応が可能です。 多言語対応のスマートフォンアプリと組み合わせることで提供でき るサービスが増えます。また行動履歴やトランザクションデータな どのビックデータを解析し行動分析や様々な嗜好の分析も可能にな ります。

IoTツールのご紹介

電子棚札

電子棚札=ESL(Electronic shelf labels)は無線通信を通じて、価格や商品情報などをリアルタイムで変更・表示できる小型ディスプレイで、多言語に対応した表示ができます。

コンテンツ配信

コンテンツ配信を一括で管理することで省力化やタッチ操作で収取した情報をマーケティング戦略に反映をさせていくことができます。マップを表示させることで迷わずにご利用をいただけます。

サイネージ

動画を活用できるため“人に伝える”訴求力が増して、宣伝の効果を更に上げる事ができます。遠隔での映像配信も可能です。多言語対応した情報を出すこと、利便性を向上させることができます。

行動分析

顧客の行動情報や商品、サービスへの接触などの、直近の行動データによるより正確な予測をベースに戦略的な活用をすることができます。

3Dアバター

人材不足の解決方法の1つとして3Dアバターを活用することが、一次的なデジタル接客を実現することができ、個人を特定することで高品質な接客をすることができます。