新着情報
topics

現代の人工知能(AI)の発達は著しく、さまざまなサービスで活用されています。AIの活用は近年活発化していますが、導入のためには新規機器の導入などのコストがかかると考えていませんか?

今回ご紹介する「AI Search」は、センサーなどの新規機器は不要であり、既設の防犯カメラ映像を活用することが可能です。AI Searchの概要から、実店舗の次世代化について述べます。

 

防犯カメラの映像をAIで分析する「AI Search」

 

人工知能搭載カメラの開発、販売を行うアースアイズ株式会社では、実店舗の次世代化を後押しするサービスである「AI Search」の開発を進めています。「AI Search」は、防犯カメラ映像から顧客の行動や商品を検索・分析するサービスです。

 

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同プロジェクトである「五感AIカメラ開発」で得た知見を元に開発を進めており、実店舗経営を強力にサポートするサービスとなっています。

 

AI Searchでは、新規にセンサー等を設置する必要がなく、既設の防犯カメラの映像から来客数や特定の売り場への立ち寄り人数などの「運営指数」を定量的に把握可能です。

具体的には、既設の防犯カメラの録画映像をサーバーに送り、サーバー上でAIによって分析が行われる仕組みです。サービスの管理画面上で特定商品の前などのエリアを指定し、顧客の属性や滞在時間といった項目を選ぶだけで、数値化されたデータやヒートマップとして表示されます。

 

「AI Search」が狙う実店舗の次世代化とは

 

AI Searchが狙う実店舗の次世代化とは、実店舗でもオンライン店舗並に運営指数を定量化し、経営を効率化することにあります。

現状では、実店舗の状態分析は目視で行われており、多大な時間を要します。特定の売り場への立ち寄り人数や滞在時間などを定量的に把握することは、非常に困難であるといえるでしょう。

 

オンライン店舗では、顧客の属性や滞在時間などの運営指数は簡単に把握でき、顧客や購入履歴などの情報分析が行えます。そのため、顧客に合わせた経営戦略を立てやすいものです。

AI Searchでは、実店舗でもオンライン店舗のように情報分析を行い、経営を効率化することを狙っており、それこそが「実店舗の次世代化」なのです。

 

小売店だけでなくさまざまな用途への展開が期待される

 

AI Searchは2020年提供開始予定ですが、将来的には小売店だけでなく、介護施設や工事現場などでの活用を想定しています。業務改善や安全対策などへの展開を見込んでおり、単なる情報分析のソリューションにとどまらず、さまざまな用途への展開が期待されます。

 

政府が推し進める「働き方改革」のなかでも、労働生産性の向上が挙げられており、生産年齢人口が減少し続ける現代において、業務改善・労働の効率化は喫緊の課題です。

AI Searchのように、既設機器・サービスとAIとの融合といった事例は、これからも増えていくことでしょう。AIによる私達の労働環境の変革は、既に始まっています。

 

【参照】

小売店の防犯カメラ映像から来店客の行動や商品を検索・分析するサービスを開発

詳細はこちら 〉

さまざまな機器・サービスとAIが融合することで新たな技術が誕生し、私達の生活が大きく変わる可能性があります。今回は、防犯目的で設置される店舗のカメラとAIの融合で、私達の生活に変革がもたらされる可能性について紹介します。

 

AIカメラで何ができるのか

 

AIカメラは画像認識技術を活用し、来店客の分析などが行えるAI搭載のカメラです。通常のレジ(POS)では、購入客のデータしかカバーできませんが、AIカメラでは非購入客のデータまでカバーできます。そのため、AIカメラを使うことで来店客を判別し、年齢や性別・購買行動などを測定して購買者分析が行えます。

 

AIカメラは進化を続けており、2019年5月に開催された「Japan IT Week」では、世界最高峰の顔認識として株式会社イー・ビジネスの「Retail eye」が注目されました。Retail eyeは認識率99.9%を誇る高精度顔認証ソリューションであり、1秒間で最大1,500人の認識が可能です。AIカメラは非常に高度化しており、さまざまな企業が活用し始めています。

 

AIカメラの活用事例

 

AIカメラの活用事例として最も有名なものは「Amazon Go」ではないでしょうか。Amazon Goは「レジレスコンビニ」と捉えることができます。入店時にアプリを使って入場することで、店内のAIカメラが来店客を判別します。商品を手にした後はレジで決済すること無く、店から出るだけで後ほど決済される仕組みです。

AIカメラが人間のように人を判別し、自動的に決済処理を行う新たな小売店の形といえるでしょう。

 

日本では、来店客をAIカメラで判別することで行動分析を行い、マーケティングに活用する事例が多く見受けられます。GMOクラウド株式会社の「Diversity Insight for Retail」は、来店客の年齢・性別・ファッションなどの個人属性とあわせて、店内の行動などを防犯カメラからAIがリアルタイムに分析するソリューションです。

 

実際にクックパッド株式会社が展開する生鮮食品EC「クックパッドマート」では、Diversity Insight for Retailを使って顧客の個人属性と行動分析を行い、リアル空間における顧客属性の見える化に成功しています。

 

AIカメラの実用化で私達の生活は大きく変わる

 

日本におけるAIカメラの活用は、企業側が顧客分析を行い、マーケティングに活用する例が多く見受けられますが、今後は私達の生活に直結すると予想されます。Amazon Goは、2018年1月にアメリカのシアトルで実運用が開始されており、同様の店舗が日本でも近いうちに展開されることでしょう。

 

AIカメラが進化することで、企業側のマーケティング活用の用途だけでなく、私達の生活に変革をもたらす時期は、もうすぐそこまで来ているのではないでしょうか。

 

【参照】

AIカメラ1台で、「アマゾン・ゴー」並のことができるサービスが誕生!?

詳細はこちら 〉

ロッテの「雪見だいふく」は1981年に発売されて以降、従来のバニラ味以外にも「コクのショコラ」「とろける至福生チョコレート」など、50種類以上のバリエーションを販売してきました。新たなバリエーションを追加する販売戦略以外にも、SNSなどのインターネットサービスを活用した販売戦略も行っていることをご存知でしょうか。ロッテの「雪見だいふく」が実施したSNSを利用した話題作りとSNSマーケティングについて解説します。

 

SNSでのアレンジレシピ募集による話題作り

 

2019年3月、ロッテの雪見だいふくは新たな特設サイトを開設しました。特設サイト「雪見だいくふう室」は、「雪見だいふくの新しい味の開発を助けてください!」というコンセプトのもとで、消費者からオリジナルのアレンジレシピを募集し、みんなで共有するというもの。TwitterやInstagramから投稿することができ、コンテスト形式で募集しました。

 

寄せられたアレンジレシピは2,000件以上となり、Twitterの公式ツイートは2,000件を超えるリツイートと、5,000件近い「いいね」を獲得しています。販売者側からの一方通行の販売戦略ではなく、消費者参加型の販売戦略により、話題作りに成功しました。

 

多くの消費者がロッテの雪見だいふくに注目することとなり、話題作りとあわせて購入率の伸長にも一役買ったことでしょう。2019年12月21日には、コンテストの優秀作品3作品を試食できるイベントを予定しています。

 

インターネットサービスとのコラボで購入率が105%伸長

 

ロッテの雪見だいふくは、以前にも別の形で話題作りを行っています。2018年には料理レシピ動画を公開するインターネットサービス「DELISH KITCHEN」とのコラボを実施しました。このコラボでは、雪見だいふくのアレンジレシピ動画9本を公開したところ、SNSなどで1つの動画が80万回以上の再生数となっています。

 

アレンジレシピは、日常生活において少し頑張った後に食べてもらうという「〆雪見」のコンセプトのもとで制作されました。簡単に美味しくできるレシピということもあり、雪見だいふくの購入率は前年比で105%の伸長を記録したと発表されています。

 

もともと20代~40代の女性をターゲットにした商品でしたが、男性の購入率も伸びており、静止画によるレシピよりも動画によるレシピのほうがわかりやすく、反応も良かったそうです。さらに、このコラボを期にさまざまな企業間コラボへと拡大しました。たとえば、三ツ矢サイダーの公式Facebookで投稿されるなど、さらにメディア露出が高まっています。

 

SNSなどのインターネットサービスを利用した販売戦略は今後欠かせない要素

 

ロッテの雪見だいふくは1981年以降、40年近く愛され続けている商品です。時代の流れに合わせて、SNSなどを上手に活用することで売上を伸ばすことに成功しています。SNSを使ったマーケティングは、現代では欠かせないものであることがわかる事例といえるでしょう。

SNSによる話題作りやマーケティングをはじめ、インターネットサービスを利用した販売戦略は、今や欠かせないものであると言えるのではないでしょうか。

 

【参照】
ロッテ「雪見だいふく」の購入率が向上、レシピ動画の活用方法とは?/宣伝会議

ロッテ「雪見だいふく」キャンペーンに見る話題作りの用意周到/日経XTREND

詳細はこちら 〉

2019年10月の消費税増税に伴い、キャッシュレス決済はより一層注目されるようになりました。さまざまな企業や店舗がキャッシュレス決済に対応するなか、郵便局でも2020年2月にキャッシュレス決済に対応すると発表されました。郵便局のキャッシュレス決済の対応予定とあわせて、利用できる決済種別を解説していきます。

 

2020年2月から順次キャッシュレス決済に対応

 

郵便局の郵便窓口で2020年2月3日からキャッシュレス決済が導入されます。全国の郵便局の中から、各県庁所在地の中央郵便局を中心に、65局へ導入すると発表されました。東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県では、複数局へのキャッシュレス決済の導入が予定されています。

その後、2020年5月までに約8,500局、2023年には2万局への導入が予定されており、全国各地の郵便局でキャッシュレス決済が行えるようになります。

 

キャッシュレス決済の対象となるものは、郵便料金、荷物運賃(ゆうパックやゆうメールなど)、切手やはがき・レターパックなどの販売品、カタログ・店頭商品などの物品商品の支払いです。実際の決済は、局員がモバイル端末で磁気やIC、QRコードなどを読み取って決済をする予定となっています。

 

過去には一部の郵便局にSuicaによるキャッシュレス決済が試験導入されていましたが、2020年2月以降は本格的にキャッシュレス決済が導入されます。

 

キャッシュレス決済で利用できる決済種別

 

キャッシュレス決済では、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済(コード決済)の3種類の決済種別から選択可能です。そのなかから、さらに次に紹介する21種類の決済方法を選択できます。

 

クレジットカード:6ブランド

・VISA

・MasterCard

・JCB

・AMERICAN EXPRESS

・Diner Club

・銀聯

 

電子マネー:4ブランド

・iD

・WAON

・QUICPay+

・交通系IC(Suica、Pasmoなど)

 

スマホ決済(コード決済):11ブランド

・ゆうちょPay

・Amazon Pay

・au Pay

・d払い

・LINE Pay

・メルペイ

・ORIGAMI Pay

・PayPay

・楽天Pay

・Alipay

・WeChat Pay

 

〈参照元〉郵便窓口におけるキャッシュレス決済(日本郵便)

 

世界から出遅れる日本のキャッシュレス決済の未来

 

キャッシュレス決済のニーズが高まりつつある日本ですが、世界規模で見てみると非常に出遅れていることをご存知でしょうか。経済産業省のデータによれば、2015年時点での日本のキャッシュレス決済比率は18.4%であり、先進諸国の中で10番目に位置しています。1位は韓国の89.1%、2位は中国の60.0%であり、日本におけるキャッシュレス決済は非常に出遅れているといえるでしょう。

 

今回、キャッシュレス決済の導入を決定した日本郵便は、「今までキャッシュレス決済は費用対効果の面で導入が見送られていたが、昨今のユーザーニーズの高まりに応えるために導入を決定した」と発表しています。

 

世界的に現金決済からキャッシュレス決済へと移行しており、郵便局のキャッシュレス決済導入は、日本人利用者の利便性だけでなく、在日外国人観光客への対応も図ったものなのです。今後もキャッシュレス決済は普及することが予想され、消費者だけでなく、企業や店舗側でも対応が必要となることでしょう。

 

【参照】
キャッシュレス・ビジョン(経済産業省)

詳細はこちら 〉

2019年10月の消費税増税に伴い、政府が推奨するキャッシュレス決済化。その流れを受けて、完全キャッシュレス化する店舗も展開され始めています。現金が使えない完全キャッシュレス店舗とすることにより、売上にはどのように影響するのでしょうか。今回は、「プロント」と「上島珈琲店」の2つの事例を紹介します。

 

「プロント」の失敗事例

 

東京都内を中心に全国展開しているカフェチェーン「プロント」では、2018年11月から完全キャッシュレス店舗を展開しています。同社の担当者によれば「商品やサービスだけでなく、キャッシュレスという決済手段も店舗を選ぶ際の基準としてもらう」ことを目的に展開された店舗です。

 

消費税増税の1年ほど前から既に展開されており、キャッシュレス化によって人件費削減などの効果が得られました。現金を扱わないため、閉店後のレジ締め対応が不要となり、店舗スタッフも現金を扱わなくてよいという心理負担が軽減されるメリットも得られたそうです。

 

しかし、人件費で削減できた分は、カード会社などに支払う決済手数料で相殺されました。日本は海外と比べてカード会社などの決済手数料が高い傾向にあり、キャッシュレス決済のデメリット面が明らかになった形です。プロントの完全キャッシュレス店舗では、人件費の削減はできたものの売上の増加には直結しませんでした。

 

「上島珈琲店」の成功事例

 

上島珈琲店は、兵庫県に本社を置くユーシーシー上島珈琲株式会社が展開するカフェチェーンです。こちらも全国に広く展開されていますが、完全キャッシュレス店舗はプロントと同様に東京都内に展開しています。

 

上島珈琲店では、「既存顧客の取り込み」に力を入れたと担当者は語っています。もともと同店では、現金決済とキャッシュレス決済を取り扱っており、決済比率は半々でした。そのため、完全キャッシュレス決済へと踏み切ったわけですが、移行に伴いキャンペーンを行うなどして1ヶ月ほどの移行期間を設けています。

 

顧客への理解を求めるとともに、既存顧客の取り込みが行われたことで、売上の増加に繋がりました。具体的には、キャッシュレス決済を行う顧客は手持ちの現金を気にしなくて良いため、全体的に客単価が高くなったそうです。リピートユーザーを増やし、上島珈琲店のファンを徹底的に囲んだことが成功の秘訣であると語られています。

 

キャッシュレス決済化だけでなく顧客獲得の販売戦略が必要

 

2つの事例を比べると、キャッシュレス決済化だけでなく顧客獲得の販売戦略が必要であることがわかります。店舗を訪れる客層をチェックし、キャッシュレス決済化による影響を把握できていたかどうかが明暗を分けるポイントになったといえるでしょう。

 

プロントの完全キャッシュレス決済店舗は新店であり、はじめから現金決済ができませんでしたが、客層とのキャッシュレス化のミスマッチが起きてしまいました。日本人のなかにはまだ「現金主義」の人も多く、完全キャッシュレス決済店舗には訪れないという人も少なくありません。

 

キャッシュレス決済は人件費の削減など、店舗側のメリットもありますが、客層に注目して売上への影響を考慮しなければならないことがわかる事例ではないでしょうか。

 

〈参照〉上島珈琲とプロントの「完全キャッシュレス店舗」、売上で明暗が分かれたワケ/DIAMOND online

詳細はこちら 〉

電化製品などを取り扱う大手チェーンのビックカメラが「電子棚札」の導入を進めています。電子棚札は、従来の紙やシールの値札と比べてどのような効果が期待できるのでしょうか。ビックカメラが導入した電子棚札の事例について、解説していきます。

 

ビックカメラが導入した電子棚札とは

 

電子棚札は、価格などの商品情報を紙やシールではなく、電子表示するものです。ビックカメラでは、1.5インチ、2.6インチ、4.2インチの画面をもつ3種類の電子棚札を使用しています。画面は電子ペーパーとなっており、紙同様の読みやすさを実現できるものです。

電子棚札は店内のLAN環境に接続されており、表示する情報はワイヤレスに書き換えられます。電子棚札は電池によって動作していますが、通常の使い方なら10年ほどもつため、導入後の管理は難しくありません。

一部のビックカメラ店に導入されている電子棚札は、順次既存店や新店へ導入が進められています。

 

電子棚札の導入によるメリット・デメリット

 

ビックカメラが電子棚札を導入した際のメリットとデメリットを簡単にまとめました。

 

メリット

・買わずに帰る客が減った

・値札の変更作業の手間がなくなった

・同社のECサイトとの連携ができる

 

ビックカメラでは、競合他社の価格を調査して自社の価格へ反映させているため、1日に複数回の価格更新が行われます。同店の販売員によれば、紙ベースの値札では価格更新のスピードが追いつかず、買わずに返ってしまう客が多かったそうです。

電子棚札を導入したことで、本部からの価格変更指示に即座に対応できるようになり、毎日2~3時間ほど掛かっていた値札の変更作業は、ほぼ0になりました。

 

電子棚札のなかには、NFC(近距離無線通信規格)に対応しているものもあり、読み取ることで対象商品を同社のECサイト「ビックカメラ・ドットコム」で確認できるようになっています。ビックカメラ・ドットコムでは、商品のレビューや評価が記載されており、ユーザーが商品を選択する際の参考にすることが可能です。

 

 

デメリット

・従来の値札よりも価格が見えにくい

・初期投資の負担

 

電子棚札と従来の値札を比較すると、価格が見えにくいという欠点があります。しかし、昨今のユーザーは電子画面を目にする機会が多いため、それほど大きな問題とはならないでしょう。

商品数が多いほど必要となる電子棚札も多くなるため、初期投資の負担はデメリットとして挙げられます。同店の広報担当者によれば、初期投資の負担額は少なくない、とのことです。

 

電子棚札というIoTにより新たなビジネスが実現

 

電子棚札はネットワークを通じてシームレスに情報を更新できるIoTの一つです。同社ではECサイトを運営していることもあり、リアル店舗とネット店舗を上手に融合できています。実際に商品を手にすることができるリアル店舗のメリットや、さまざまなユーザーの意見を確認できるネット店舗のメリットの両方を兼ね備えており、ユーザーの利便性向上に一役買っています。それだけでなく、販売者側の手間も減らすことができているのです。

 

ユーザーと販売者にとってWin-Winの関係を築き、リアルとネットの融合という新たなビジネスを実現させるIoTの実例といえるのではないでしょうか。

 

【参照】
価格がコロコロ変わる!ビックカメラが「電子棚札」を導入したら何が見えてきたのか/ITmedia

詳細はこちら 〉

< 1 2 3 45 6 >