DX支援事業

西海市・さつま町×フォーバル
政府の「地方創生人材支援制度」

実証期間:2022年4月~現在

デジタル専門人材を
長崎県西海市と鹿児島県さつま町に派遣
~地域創生を支援し社会に貢献~

フォーバルは、長崎県西海市と鹿児島県さつま町にデジタルを活用した地方創生を目的とした、デジタル専門人材(デジタル分野)の派遣を実施します。

 

デジタル専門人材(デジタル分野)の派遣は、政府の「地方創生人材支援制度」に基づき実施され、「地方創生人材支援制度」とは、地方創生に積極的に取り組む市町村に対し、意欲と能力のある国家公務員、大学研究者、民間専門人材を市町村長の補佐役として派遣する制度です。

   

フォーバルは今回、令和4年度の「地方創生人材支援制度」のデジタル専門人材(デジタル分野)派遣に係る協力企業として、西海市においては、スマート市役所の推進、市役所内業務の効率化、民間分野のデジタル化など西海市のDX化を推進する役割を担う人材を派遣します。
さつま町においては、自治体の業務効率化やテレワークの推進、スマート農業の推進、先進技術やビッグデータ等を活用した地域課題解決の役割を担う人材を派遣します。
フォーバルは、今後も積極的に地域創生を支援し社会に貢献していく方針です。

<主に実施している内容>

  • スマート市役所の推進
  • 市役所内業務の効率化
  • 民間分野のデジタル化
  • テレワークの推進
  • スマート農業の推進
  • ビッグデータ等を活用した地域課題解決