DX支援事業

多古町×フォーバル
DX推進支援業務を受託!

実証期間:2022年9月~現在

~地域社会のデジタル化を促進し、持続的な成長を支援~

フォーバルは、千葉県香取郡多古町の「多古町DX推進支援」業務を受託しました。

実施背景と目的

国は目指すべきデジタル社会のビジョンとして「デジタルの活用により一人ひとりのニーズに合ったサービスを選ぶことができ、多様な幸せが実現できる社会~誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化~」を掲げ、自治体が重点的に取り組むべき事項・内容および支援策をとりまとめた「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」を策定し、デジタル社会の構築に向け、全自治体において推進に関する取り組みを着実に進めていくこととしています。今回の業務委託は、こうした状況を踏まえ、多古町の住民の利便性向上、職員の働き方改革および地域社会のデジタル化を実現するために、フォーバルの伴走型経営コンサルティング(次世代経営コンサルティング)の支援を取り入れ、DX推進を適切かつ迅速に実施していくことを目的としています。

事業の概要

フォーバルの主な支援内容

  • 職員研修
  • 業務最適化・情報セキュリティ支援
  • 多古町DX推進計画(発注者原案作成)策定支援
  • 庁内業務量調査と業務改革(BPR )の実施方針の策定
  • 全体管理・進捗管理
  • 令和5年度以降の想定業務の提案
  • その他提案事項など